<インフォACBEE>

「ワースト10(2021年)」に強い関心…

オンライン戦略セミナー『「ワースト10 (2021年)」経営倫理動向を読み解く』が、2022年1月18日開かれる。「ベスト10」ものが集中する年末の世論調査の中でこのACBEE調査に対する関心は強い。
企業不祥事・不正を対象とするアンケート調査は少なく、ACBEEで年1回方式で11回実施している。「ワースト…」ものは一部メディアでも実施しているが、芸能ニュース等と混在したまとめで比較できない。企業不祥事を重点的に調査・点検し、正確性、専門性、公平性が確保されている。同セミナーでは最新資料として集計結果と分析解説が提供される。現在参加受け付け中。

「初級・経営倫理士」講座、6年目に

「初級」講座がスタートして5年を経過した(21期終了)。同講座は、ビジネス倫理の入門編で、コンプライアンスをはじめCSR、ハラスメント、女性と人権など10テーマの理論・実務を習得する。通信制・オンデマンド方式で、原則として約2カ月間で講座を学ぶ短期集中型が特色。日本経営倫理士協会が、修了試験(学科試験とミニレポート提出/オンライン配信による出題)を実施、その結果、合否判定する。
既に約60人の資格取得者を送り出している。ビジネス・パーソンを中心に自営業、学生らが受講。「企業不正・不祥事」が続発、企業のコンプライアンスへの取り組み姿勢も注目される。ビギナー向けに構成した資格取得講座であり、認定者からは「ビジネス倫理への理解と自信がついた」などの声が寄せられている。