ACBEEの活動内容

「経営倫理士」取得講座の開講

経営倫理士についての詳細はこちら

昨今の連続する企業不祥事をきっかけとして、我が国企業の経営倫理を問う声が内外で増大しています。これに対応して、多くの企業で経営倫理やCSR問題に取り組む姿勢が次第に強化されてきました。この対応強化の動きをいっそう強めることが緊急課題となっています。

しかし、いま企業が経営倫理の実現を具体的に進める上で、充分な知識やノウハウが確立されていないのが現状です。他方、企業には多くの重要な危機管理テーマがあり、経営倫理の確立と実践がビジネス・インフラ形成上の絶対必要条件でもあります。この課題解決に資するべく設けられたのが、「経営倫理士」取得講座です。

「経営倫理士」取得講座の受講については…

第23期「経営倫理士」取得講座第23期「経営倫理士」取得講座が、2019年5月20日(月)に開講します。「経営倫理士」取得講座は、日本経営倫理士協会(ACBEE JAPAN)公認の資格「経営倫理士」を取得するための専門講座であり、経営倫理の...

大型シンポジウムの開催

シンポジウムについての詳細はこちら

ACBEEでは年に一度、大型シンポジウムを開催しております。シンポジウムでは、第一線で活躍される様々な分野の専門家をお招きし、その時々で注目される論点について議論を交わします。

2016年、ACBEEが20周年を迎えることを記念し、発足以来初となる関西シンポジウムを2015年10月20日(火)、関西大学 高槻ミューズキャンパス(大阪・高槻市)で開催しました。テーマは「『女性活躍』を生かす組織力――『推進法』施行を目前、問われるCSRマネジメント」。女性活躍をテーマに活動している企業の中心メンバーをはじめ、専門アドバイザーやジャーナリストらによる集中討議が特色となっています。


ACBEE戦略セミナー(短期集中で学ぶ専門講座)の開講

ACBEE戦略セミナーについての詳細はこちら

日本経営倫理士協会では、活動の一環として、2013年夏に「ACBEE戦略セミナー」を開設。「より専門的なCSR、コンプライアンス教育、実践ノウハウを身につけたい」というご意見に応えた、総合専門講座群となります。

特色は、①経営倫理士講座より、さらにレベルアップ②それぞれの業界やジャンルごとに、CSRやコンプライアンスなど専門的テーマに取り組む③短期集中型で理論・実践を身につける④グループワークなど受講生参加型――など。

年間、1~3本程度のテーマの異なる講座を企画する予定です。


経営倫理に関連した情報(ニュースやコラムなど)の発信

経営倫理フォーラム(ニュース&データ)の詳細はこちら

経営倫理活動を推進していくには、最新の動向に注目し、時代の潮流を掴む必要があります。日刊紙や雑誌、TVニュースなどマスメディアを見るだけでは経営倫理の動向を把握することは難しく、断片的になりがちです。経営倫理関連情報は継続的、専門的、広域的に入手する必要があります。

ACBEEでは、紙媒体の専門情報紙『経営倫理フォーラム』や各活動の報告書などを発行しております。一方、ACBEEのWEBサイトでは、関連情報の速報性、専門性を重点として情報発信しております。

当WEBサイトでは、経営倫理士を中心とした閲覧者・ユーザー参加型の運営を心がけているのも特色のひとつです。

ニュースダイナミクス

激動する内外のニュースの中で、特に経営倫理、CSR、クライシス・マネジメント等に関連する重要ニュースを取り上げます。

企業不祥事などのコンプライアンス動向

3カ月に1回、社会や経済を中心に起こった企業や組織、団体の不正・不祥事をピックアップ、動向と解説を一覧まとめました。

コンプライアンス春秋+

内外の経営倫理・コンプライアンスの、組織と人に関する動向を報道型リポート中心にシリーズ化し、情報の質と量のさらなるレベルアップを図ります。

AROUND経営倫理

経験豊かな経済ジャーナリストらが、幅広い視点、鋭い筆致で、経済界の昨今について書くコラムです。

マイ・ノート 経営倫理

経営倫理士の総合企画委員、プロジェクト・プランナーを中心に執筆を担当し、現在の自分の仕事、これまでの人生体験、経営倫理との関わりなど多様なテーマで寄稿してもらうシリーズ。ACBEEの幅広い情報発信の中で、気軽に読んでいただけるコラムです。

アーツ・ワールド

主として、都内で開催される美術展、文化作品展示会などをレポート。“心の窓”的な情報コーナーです。