<水谷寸言集> 2019年3月

 多くの企業で行っている階層別や職能別の教育訓練計画の中で、企業倫理行動基準の趣旨と内容を、できれば項目ごとに自社のより具体的な事例を交えて紹介しながら解説するぐらいの配慮があれば、受講社員にも分かりやすく受容され、定着が図られるであろう。これらについても、いわゆる“継続は力なり”であって、不断の繰り返しが望まれる。