2025年問題の処方箋(4)

薬価マイナス改定 消費増税対応で明暗

ジャーナリスト 楢原 多計志

2019年10月1日の消費税率引き上げに応じ、その影響分が診療報酬や介護報酬などに上乗せされることになった。日本医師会や介護団体の関係者は一応に安堵の表情を見せている。一方、薬価はマイナイ改定となり、医薬業界では「改定のたびに薬価が下げられ、このままでは新薬開発費が枯渇してしまう」と不満が渦巻いている。明暗を分けた19年度改定の裏事情と医療業関係者の本音をまとめた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について