<インフォACBEE>

▶評価高い「不祥事動向アンケート」(ワースト10)

アンケートによる年間不祥事動向調査(2020年)がまとまり21日発表された。毎年末、ACBEE編集部中心に作業、今回で11年目(11回)。

企業不祥事を対象とした本格的な調査は少なく、注目されている。特色は、アンケート回答者が経営倫理士に限定されていること。経営倫理士という専門家集団による動向調査だけに評価は高い。20日に統計と分析が終了、21日に開催されたACBEE特別シンポジウム「コロナ下・揺らぐビジネス倫理と課題」の中で発表された。

▶「第26期・経営倫理士講座」受付スタート

「第26期・経営倫理士講座」受付が始まった。コロナシフト下で、ビジネス社会は激しく変革している。この時代、強力な資格として注目されているのが「経営倫理士」。
23年間に700人を超える経営倫理士が誕生、産業界で活躍中。企業のコンプライアンス系の業務の新任担当者に最適、副業や転職の際にも有利。
「今年こそ経営倫理士の資格を取ろう」。新春に、この意欲の実現を…。